FXで利益を出すために『正しいラインの引き方』の根本を考えよう。

実用指南補講編

追記:

切り下げ・切り上げラインを正しく引いて恐怖を減らす方法

という表題を想定して記事を書き進めていたら、
ラインを引くとはなんたるかという本質について語る記事となっていました。
そのため記事タイトルを変更しました。

切り下げ・切り上げラインを正しく引いて恐怖を減らす方法に関しては、
サブタイトルだと思って読み進めていただけたらと思います。

というわけで、最初の方は切り下げ・切り上げラインを引く方法についてあなたが学んで稼げるように力説しています。あたたかく見守りつつ読んでいただけたら幸いです。

 

あなたに当てはまるか確認してほしい。

 

FXで永久に負けまくる人
FXで永久に負けまくる人

トレンドにしたがうのが難しい。
トレンドラインに乗ってれば買い、ブレイクしたら売りをしてるけど負けが続けているなあ。

かなり損切りに遭いまくって資金がなくなってきているよ。

とりあえずでラインの引き方がわかってるつもりだけど、正直ちゃんと的確なラインが引けてないなあ、どうしたら効くラインが引けるようになるだろう?

 

切り下げラインと切り上げライン。
多くのブログや書籍では取り上げられることがないこの2つのラインは、
あまり正しく引けている人がいない。
トレンドラインはわりかし注意が向いている人が多いが、
そもそも『無視』してしまっているため、それが原因で資金を減らす人が多い。
引くか引かないかは別として、
『節目が見えていない。』というのは往々にして問題だ。
見えていないなら、
あなたはラインを引くとはなんたることなのかという本質を知らない。

 

切り下げ・切り上げラインは一見して地味だ。
他のブログや書籍ではあまり目にしないラインではないだろうか。
だがしかし、これが正しく引けているということは、
相場の節目が見えつつある成長の証でもあるといえる。
そしてこのラインは、
あなたを守ってくれる重要な命綱でもあるのだ。

 

バンジージャンプで飛び込む時、誰でも命綱をつけて当たり前だろう。
だがこのFX界ではそうではないようだ。
だが相場を相手とすると、
どうしてか皆はロープを無視しだす。そして大怪我を負う者が多い。
あなたも、命綱をつけているのかつけていないのか確認しないままに
まっさかさまに下落を食らって大損していないだろうか。

 

あなたにはラインを引くということの本質を深く学んでもらいたい。
そしてあなたが切り下げ・上げはもちろん、
他のラインも正確に引けるようになってもらうことを本記事の目標とした。

 

FXの切り上げラインというのは
トレンドラインになれなかったラインだ。

 

 

図を見てみよう。トレンドラインというのは『高値をこえた』ラインだ。
対して、切り上げラインというのは『高値をこえそこねた』ラインといえる。

これは相場が変動して高値をこえたら、
切り上げラインはトレンドラインにクラスチェンジすることを意味している。

 

トレンドラインと切り上げラインは存在的に類似したラインなのだ。

なので、私はトレンドラインのことも”切り上がり”だとか、
”切り下がり”だとかと言ってしまうことが多々ある。

だから、読んでいて明らかにトレンドラインなのに”切り上げライン”だとか言っていても許してほしい。切り下がったり上がってるのは事実だから仕方ない。

 

その代わり、私は逆には絶対に言わない。あなたも言わないようにしよう。
(例えば、切り上げラインをトレンドラインだとか。)というのも、
先の定義だと、単に切り上がってるだけのラインは絶対にトレンドラインと呼ぶことができないからだ。

 

切り下げ・切り上げラインは
トレンドラインと組み合わせよう。

 

FX実用指南本編において、この図を掲示したのだが、
あなたは覚えているだろうか。

トレンドラインを使うと安全なトレードが可能になる。

そして、さらに切り下げライン(命綱)を使えば、
さらに手堅く資金を守ることトレードにつながっていくということを示した図だ。

しかし、切り下げ・上げラインを正しく引くのはチョット難しい。
というのも、これを引くためには相場の節目をしっかり見て、
機械的ではない現実的な相場のアプローチができないと引くことが難しいからだ。

 

…………………

 

FX実用指南を投稿し数日後、お礼のDMが殺到した。
また、質問も多く寄せられた。そのなかには切り下げラインの引き方についてもあった。

なかなかハイセンスな読者たちだと思う。熱心に読んでいただけているのだなとありがたかった。エリオットやMAについても多く聞かれたが、特にこの小さい項目に関して質問をいただいたことが非常に嬉しかった。

読者からの切り下げ・上げの質問が数件送られてきて、
その都度返信していたが、おそらく他の読者も気になるところであると思う。
そのため今回は記事にして公開することにした。

 

 

N.Aさんの質問

 

N.Aさん、わざわざ印刷までしていただきありがとうございます。
誰かの参考になっている記事が私は書けていたのだと安堵します。
本編講座では集中して読んでもらう環境づくりもそうですが、
他にも印刷して使っていただける方が多いこともあり、
広告等は一切使わない方針にしています。

 

N.Oさんの質問

 

YES!このお二方のおっしゃる通りなのだ。

始点がわからなかったら意味はないし、
自分本位の角度で引いても意味はない。

このラインは相場を生き物としてとらえ、
現実的なアプローチを試みるものだけが的確に引けるラインだといえる。

 

ここで、ラインを引くとはなんたることか考える必要が出てくる。

 

あなたがFXでラインを引くのはどうしてなのか。

 

あなたはそもそも何故ラインを引いているか考えたことがあるだろうか。
ここを考えている者と、なんとなくで引いている者には大きな隔たりがある。

 

ラインを引くというのは、節目を可視化するということだ。

 

節目があるならばそれは可視化されてしかるべきだ。
ここからここまで動く。ここを抜けたら目線を変える。
そういう節目をわかりやすくするために、節目を線でなぞる。

この当たり前を心得ていないものには、ラインは引けるようにならない。

ここはかなり重要な点だ。

 

この当たり前がわかっていない者はいわゆるインフルエンサーでもとても多い。
ドヤ顔で9割の人がめちゃくちゃなラインを引いている。

 

昔のことだが、めちゃくちゃな発信者の中でも
特にとんでもないことを説法する者がいた。

あなたも見たことがあるだろうか。こんなことを彼は書いていた。

 

水平線は誰にでも同じ線が引けるから引くべき、
斜めのラインは人によって引ける線が違うから頼りにならない。
斜めには引くな。

 

No!!!!!

言語道断である。

ラインで相場が動いているのではない。
相場は節目で動いているのだ。
それはあなたに斜めの節目を一切放棄しろとでも言っている暴論だ。

ただしいラインとは、節目を正確になぞったものだ。
それは貴様の斜めのラインが、正確に節目をなぞるものではないから効かないのだ。

これを読んでいるあなたも、根本を決してとりちがえるな。

ラインは人によってたくさんの引き方があるが、相場の節目は限られている。

 

 

FXは節目を正確になぞることが重要。
ラインとは節目の可視化である。

 

さて、切り下げラインとは何ぞか、
切り下げラインとは切り下がりを引いたラインだ。

そして、大前提としてラインというのは節目を正確になぞったものだ。

 

 

この図を見てみよう。

きれいな切り下がりの節目があなたにも見えるだろう。

節目が見えたなら、なぞる癖を身につける。

 

 

きれいな切り下がりの節目をみつけたなら、そこは可視化して注意するべきだ。

そして節目を抜けてから買いを入れるようにすれば、危険は自然と減る。

あなたは資金を守ることができる。

 

 

節目があるからラインでなぞる。
言い換えれば、節目がないならラインは引かないということだ。

 

もう一度いう。

切り下げラインとは何ぞか、
切り下げラインとは切り下がりを引いたラインだ。

そして、大前提としてラインというのは節目を正確になぞったものだ。

そう。

節目が存在しないのならば、ラインは当然のこと引かれるべきではないのだ。
節目がないのにラインを引くというなら、それは単なるラクガキだ。

 

 

たとえば、さっきの左の山では節目がまるで存在してないのだ。
このようにきれいに切り下がらず、節目がないならば最初から引かない。

 

ラインとは大前提に節目がありきだ。
節目があって、そこにラインが引かれる。
節目がないのにラインを引くというなら、それは単なるラクガキ。

 

 

ただしい節目をみつけるにはどうしたらいいのか。

 

以前の返信から数日後、
N.OさんからDMが送られてきた。

 

 

 

?????

ギルティ!

めちゃくちゃすぎる。
すぐには返信できないことを一目見て確信し、翌日まで返事を待ってもらった。

 

またもう一度いう。

ラインとは大前提に節目がありきだ。
節目があって、そこにラインが引かれる。
節目がないのにラインを引くというなら、それは単なるラクガキ。

 

この例が節目をなぞらないラクガキなのはいうまでもないが、
さらに問題があるのは、
質問者N.Oさんは4hしか見ていないという点だ。

 

必ず月足➡︎週足➡︎日足と見ていく癖をつけなくてはならない。
さもなくば、上位の重要な節目が見えずに資金が減り続ける。

 

かならず上位の時間から、節目をなぞる。

 

 

まず、よく当たっているところにラインをなぞる。
これは月足だ。これは切り上げラインとして引いた。

注意。なお、今回は月足レベルで切り下げラインを引くと
この先で読者のあなたが見づらくなる可能性が高いために書いていない。
週足とダブってしまうのだ。

 

そしたら週足に切り替える。しかし、今回は日足で引いた方が綺麗だ。
よく修正しつつ、日足で整える。

 

 

そのラインを、

下にコピーしてチャネルをつくりだす。

 

 

日足ベースでもちゃんと当たるところをなぞってチャネルを作っておく。

 

ここまでやりつくしてから時間足に切り替える。
いきなり4hでやってみました!ではいけない。

 

 

時間足に切り替えたところだ。

なお、ここからは今まで引いたラインをそのままにしておくと、
読者のあなたが見づらくなるので、消して解説する。

N.Oさんが問題なのは、チャネルのような意識されるラインがないのに強引にチャネルを引いてしまっている点がある。

節目がないのにラインを書くことは決してあってはならない。
そんなことをするから、『ダマシだ!』なんていうようになる。

はっきり言わせてもらうがダマシなど相場には存在しない。
『ダマシとの付き合い方』みたいな謎の記事を大真面目に書いているブログや書籍が多いが、そんなことを書いている時点で著者の実力に疑問を持ってしまう。

絶対に相場にはダマシなど存在しない。
それはあなたがテキトーに引いたお絵かきを本気で信じて、
自分自身を勝手にダマしているだけだ。相場には真実しかない。

 

 

節目がないから、こんなところで私はチャネルを引かない。

うーん、いや、引かないというわけじゃない。
正確にいうと脳内で3回くらいチャネルを引こうとして、5秒くらい考える。
正しく引けないことを認識したら早々と諦めて別のアプローチを探す。

 

 

私はこの図をみて10秒以内には上の切り上がりに着目できる。

 

そして間違いなく、そのラインをコピーして配置する。

というわけで配置したが、
ところで、ここのチャネルの設置場所がおかしいと思わないだろうか。

 

これは、8時間足を見るとおかしくないことに気づく。
基本的に4時間足で見て荒ぶってる場合は8時間足を観察すると謎が解けることが多い。

 

これは日足にも同じことが言える。日足は絶対正義のようによく書かれているが、日足でも荒ぶっていて線が引きづらいチャートは時折目にする。
その場合は3日足に切り替えてみてみると節目が手に取るようにわかる。

 

1hで見て荒かったら4hに行く、その次は8hに行く。
それでもダメだったら日足に、日足も怪しかったら3日や週足にする。
これが私が数年やってきたなかの発見だから、
あなたにも活かしてほしい。

 

それから、このように並行チャネルが引けたら、
今度は水平線も引くことを忘れないようにしよう。

さて、もう大丈夫だろうか。
これが4h足で引いてきました、と言って提出するべき答えだ。

ここまで読んでいただいたあなたが、
これくらいのクオリティの分析を最低限できていることを望む。

 

 

さいごに

 

今回の記事を読んで、ラインを単なるお絵かきにしないコツがわかったと思う。
ダマシなど相場にはなく、あるのは真実だけだ。

きちんとした節目をなぞることができれば、損小利大のトレードが可能になり、あなたもFXで稼げるようになっていく。

最初はなかなか難しいこともあるだろうが、
練習を繰り返して正しい節目の見つけ方を身につけてほしい。

私はあなたを応援している。Good Luck!

 

 

 

FX実用指南トップに行く

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました